読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしなしごとダイアリー

日常のあれこれをああでもないこうでもないと考える

マネージャーとは話をしないほうが精神的に良い

きょうは始末書にはんこを貰いにマネージャーに書類を持っていったところですね、
ええ、いつもははなしなんかしませんけど、ハンコもらわにゃいけませんので。


さて、始末書というのは「高額違算報告書」というもので、
レジに元金を入れるときレジNO.を間違えたのでございます。
4500円のプラスとマイナスがでてしまいました。
自動釣銭機だからすぐに理由は判明するんで、事務処理でどうにかなんないんですかね?
この会社はほかのところはグダグダなのにレジに関しては細かくて、
こういうミスの場合は報告書をもってはんこを貰いに各所を回らなくてはいけないのです。
この場合はマネージャー、CHM、副店長、店長と4個のはんこを貰いに行脚します。
以前は統括マネージャーという職があったので5個のはんこが必要でした。
普通どこの会社だって書類の方が回っていくもので、
いちいちスタンプラリーのようにハンコを集めて回って、
そのたび頭を下げてお小言をいただかねばならないっちゅーのが苦痛であります。
こんなことがあるから、


「パートやバイトに家族や近所の方を紹介してください。
採用されたら1000円プレゼント」


といわれても絶対!紹介したくないのでございます。
自分が怒られるのはイイとしてもこんなことで行脚して回らせたくナイですから。


で、本題についてですが、
報告書をマネージャーの座っているところに提出して、
(これがデスクなどではなく、結束機の前に保管箱を縦置きして座っている。
なぜなら、椅子を置いておくと店員がバックルームにいすわって
店内にでないからだという。当然デスクもない)
「すみません、これから気をつけます」といって待つことしばし。


ところが、ひと言も言わないんですな。


あら、怒ってるんかしらとおもってると、
何かこちらとは関係ない話を・・・、あれま、社内PHSで電話中なのだった。
反対側の手にピッチもってるらしい。
電話が終わるまで待って、
もういっかい「すみません」と言いかけたら、


「あのさあ、こっちが電話してるときに、
ワーッっていっても聞けないから。
これ(報告書)もまあ、終わったことはしょうがないけどさ、
人が電話してるときに話しかける方がずっと問題だと思うわけ」


だとよ。


普通の人間が電話してるときに話しかけますか。
電話機の前に座ってるわけじゃあるまし、黙ってるからわかんなかったわけよ。
「今電話してるからあとで」、とか言えばいいじゃんよ。


最近神経を病んでるとしか思えんね。