読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしなしごとダイアリー

日常のあれこれをああでもないこうでもないと考える

関西の私大は合格実績の「稼ぎ場」?

今日の朝日新聞に「関西の私大は合格実績の『稼ぎ場』?」の記事。

「ある大手予備校によると、関東で私立高が合格実績をPRできる東京六大学クラスの場合、大まかに言って、センター試験利用枠の合格ラインは正答率で8〜9割。一方、関西では『関関同立』の関西、関西学院同志社立命館クラスで7〜8割とやや低い。」


とあり、辞退者が多く、大学側の合格がかなり多めにでてるということが伺えます。私大のセンター枠はそれほど多くないのになあ。


「受験生がセンター試験前に私大に願書を提出すれば、あとは私大側が1件あたり570円の手数料をセンターに払って試験結果を取り寄せ、合否判定する方式が多い。」
ともあって、なんと費用は570円!センター型入試の代金18000円もボッタクリだろう。


で、息子曰く「センターの8割は一つの壁。7割は結構取れるけど8割はそうとうやらないとダメ」だって。その差をつけるために苦労してるんだわね。


共通一次すらなかった昔の世代にはわかんないよッ。


http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200707290091.html