読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしなしごとダイアリー

日常のあれこれをああでもないこうでもないと考える

仙台の給食

9月になったのに息子たちは大学生だからまだ夏休みだよ。いつになったら学校が始まるんだか。


さて、そんな時ふと思い出した仙台の給食スレ。


http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1007862.html
痛いニュース 仙台の小学校の給食」


7月ごろ話題になっていたんだけど、少なすぎじゃアルマイカ?おやつか、はたまた1年生の給食か?と思ったら、そうでもないみたい。


エビフライ1本といちご2個はいくらなんでも・・・。そもそも献立じたいに無理がありすぎです。高価なエビを使うんだったら、デザートのいちごになんぞにお金をかけず、付け合せにもやしやキャベツをつけたらいいと思うんですが。メニューを考えた栄養士さん、お金の使い方を間違ってませんか。


子どもたちの通っていた小学校も週二回ご飯給食がありましが、パン屋がご飯も納入しているので、アルミホイルのパックにはいった白飯が昼前になると給食調理室に届くのでした。自校調理なのにお釜がないのか、それとも調理員の過重労働になるのか、パン業者の保護のためか、誠に奇妙なご飯でした。ご飯くらいはお茶碗によそって食べさせて欲しいと思ったものです。