読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしなしごとダイアリー

日常のあれこれをああでもないこうでもないと考える

バリアフリー展に行ってきました

きょうはインテックス大阪バリアフリー展に行ってきました。


仕事のためにもなるし、意気込んでパンフレットを貰いまくりです。


なかには「還元水」が身体を浄化するなんていってる怪しげなブースもあるので、ちょいと聞いて見ました。
還元水って何が入ってるんですか」
「水道水を電気分解してアルカリの身体にいい水をつくります
電気分解って中学で習いましたよね」
「水道水ですか、じゃ塩素を電気分解するんですね」
「いえ、身体に悪い塩素は取り除いてます」
「純水はほとんど電気を通さないので電気分解できないんじゃないですか」
「水道水の塩素をとってもマグネシウムとかカルシウムとかがありますから」
「日本の水は軟水であまりミネラルを含んでないですけどそれでもいいんですか」
「外国のはたしかに硬水ですけどね、いいんですよ」
「そのアルカリの水を飲んでも胃の中は胃酸で酸性じゃないですか」
「一日2リットル位飲むんですよ、胃は酸性ですけどこのアルカリ性の水を毎日続けて飲むことによって体の細胞を作る、からだの水分は60%と言われてますからね、この細胞が変わっていくんですよ」
「へええ、よくわかりません・・・・」


まあ冷やかしただけなんでそのへんにしておきませう。


あとはシルバーカーや車椅子メーカーの方々に名刺をいただくこと数件、
面白かったのが介助者が上り坂を押していくさいに手を離しても安全に停止する機構のついた車輪を開発したメーカー。
「下りはどうなってるんですか?」
「下りはね、難しいから、とりあえず今は上りのほうだけ。上りはとにかくとめればいいんで。下りはとめずに減速しないといけないんだけどね、これがなかなか」
「車椅子の介助ってくだりがこわいですのにね」
「病院のスロープを上がっていく時とかにこれいいですよ」
「でも、上りと同じ数だけ下りもありますよ(笑)」
「のぼったらくだらないと帰れないよね(笑)」


介護食の試食もしてきました。
ウチの店で売ってるのと同じだけど、カレー味が新発売。貰っておこう。