読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしなしごとダイアリー

日常のあれこれをああでもないこうでもないと考える

秋だなあ

お久しぶりです。はてなブログ、まだなくなってないので安心しました。いつまで取っておくべきだろう?

 

さて、アメブロで同僚のネタを書いたらクレームをいただき、ややネタが自粛気味です。

 

同僚が休み時間を規定より多く取るのを注意したら、

「なんでいちいちそんな細かいこと言うの!」

と逆ギレされたのがそもそもの発端です。遅番の時もしばしば遅れてくる。こっちは交代して昼の休憩とるのを待ってるんだ、早く来いや~!とか思いつつ口には出さず。そのうち向こうから近づいてこなくなりました。話もできないのでジュリーライブのため休みを取るのにカレンダーに印をつけておいたら、カレンダーを見たらしく、

「勝手に断りもなく休みを入れた、私も予定があるので勤務の交代はできない」

とコミュニケノートに書いてきたのであります。まだ数ヶ月も先のことまで・・・。こちらもあほらしくなったので、ジュリーライブは有休取らずに早退けで済ますことにしました。

 

ネタにしてアメブロに書いたら、同僚もブログを読んでいたらしく、ここから急展開。

 

かつてお友達と京都に旅行に行って芸妓姿の写真を撮ってもらったといって見せてもらったことがありましたが、これがおじいちゃんでして、今はお元気かどうか存じませんが同僚といわゆる仲が良かったので、度々出かけていたらしい。おもろいやないかというてチクワネタにしたところ彼女の逆鱗に触れたというかなんというか。(ほんまやったんか)

 

同僚は店長にブログを知らせ、存在が知れることになり、三者会談の後、「このような不名誉な記事を書かれては私は我慢できません。来年には主人も単身赴任から帰ってくるし、事実と違うことを書かれて、大変困っています。oomesikuraiはもう尊敬できない、一緒に仕事はできない。そして私はこの売り場が大好きで、定年になってもシニアでずっと勤務したい、なんなら週六日勤務でもいい」と言われて、あっけにとられる私。腹を割って話をしなさいという店長に、もう結構ですと断りました。で、私が売り場を出ていくことになりました。

別に尊敬してくれなくても結構ですが、ブログが店長の知るところとなったのは痛かったわあ。

 

 

代わりに新しいパートの新人さんが入りましたので、引継ぎが終わり次第私はよその売り場に行く予定です。良い方が来てくれてよございました。

 

それが9月初めのことなので、ほぼ引き継ぎも完了したのですが、いまだに私が何処へ行くか指示がないのでございます。宙ぶらりんです。

 

同僚はなぜか水曜日は遅番をやめて朝から来るシフトに契約変更したっぽいです。こちとら契約変更とは聞いてないので、結局朝から三人パートが雁首揃えているという勤務状態ですがな。人件費がもったいないではないか。

 

マネージャーになんでこんなふうにしたのかと聞いたら、「え?それは問題だね」と。「僕から彼女に話ししておくから」知らなかったんかいな?

 

同僚が私に断りなく、勤務時間変更の契約するはいつものことです。事後報告でいつももめるんだ。前の担当者の時にも勝手に特約で「祝祭日は休みとする」に丸をつけて契約書を出したことがあって、前担当が「むかつく~」と言っていたのを思い出したよ。

 

ほかの同僚のみんなには

「あなた、よく我慢したよ」

といわれつつ、この売り場を去ることにいたします。(しかし、いつになるんだ)

 

後任の方には、この売り場は二人しかいないので、なるべくもめないようにして欲しいと思うのであった。よろしくね。