読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしなしごとダイアリー

日常のあれこれをああでもないこうでもないと考える

売り場が変わります

今日は今週始まる単独セールの準備で、商品が大量に入荷し、半トン台車で7台ありました。全部出すのに4時までかかったわ。10キロもあるようなダンボール抱えて積み上げるのは体力いるしな!エンヤコラ!

新人さんは採用の面談で、

「何しろこの売り場は忙しくないから、お客さんと世間話してもらったらいいから」

と言われたそうで、

「話が違う」とぼやいてました。

それにPOP作って売り場作って配達出して、いろんなことやらされるんですよ。

「今までの仕事の中で一番時給が安いのに、することが一番多い」とも。

 

さて、昨日の話では、次は一体どこへ行くんだ?でしたが、今日行き先が決まりましたよ。

今朝、総務マネージャーから今日帰る前にお話があるから寄ってね、って言われて、ドキドキワクワクして待っておりました。

で、11月1日から古巣の家庭用品売り場に行くことになりましたわ。

 

8月の時点で、前店長との話では、「今家庭用品も人は足りてる、実はね、今、惣菜売り場が人が足りないんだけど」ということでした。

 

えええ~っ、海苔巻き作ったり天ぷらあげたりするところかいな。たまに手伝うのはいいけれど、仕事内容変わりすぎじゃないすか。料理なんて毎日うちで作るぶんだけでたくさんじゃ。

 

「いや、そこまでは~。食品売り場までは考えてないんで・・・。できれば登録販売者の資格が活かせる薬品売り場か、古巣の家庭用品がいいです。それ以外でしたら、このお店でタダで資格取らせてもらったので、ここをやめて、登録販売者でドラッグストアにでも勤めようかな~、と」

とにかく、婉曲にお断りを入れましたです。

前店長「やっぱりね」

 

その後、家庭用品のパートさんがやめて、シニアになって契約休日を増やす人有り、さらに130万円の壁で収入を調整するため休むパートさんが増えして、足りてるはずの人員がいなくなり、家庭用品から「早くこっちに来てよ」と言われるまでになりまして、、、、。前店長がいうほど、人が足りてる職場でもないのよね。

 

洗剤や収納用品、家電製品などがあって、マネージャーは「男手が欲しいんだよ」とおっしゃってましたが(マネ以外全員女性)、なあに私でもそこそこやれますぜ。お任せ下さい。

 

11月からではありますが、新しい職場(元の職場?)でがんばりたいと思います。