よしなしごとダイアリー

日常のあれこれをああでもないこうでもないと考える

語り部ってなんなん?

関西方面は閉店ラッシュである。全国で40店舗が閉店するという事態なので、近畿圏でも今年に入って3店舗が閉店となった。

 

店員全員が聞くようにと時間を決めて事務所に集められて、閉店となった店の最後の店長がそれぞれ体験談を話す。

 

いうても閉店になって、なくなった店のことである。うちの店もいつ潰れるや知らん、心構えとして聞いておけということなのかと思ったが、どうもそうではないらしい。

 

閉店になるからといって、閉店まで何もしないで商品を減らして火が消えるようにして消滅するわけにも行かず、われは閉店までいかように店を盛り上げていったかという自慢話なのであった。

 

「京都の店は私が着任した1年前は、とにかく店全体の雰囲気が悪く荒れていました。これはサツキです。こんなに伸びるんですね。敷地の周りも雑草が生え放題で、まず、草むしりから手をつけて行きました。これは閉店まで続きました。枯れたサツキを根っこから掘り起こし、草をむしって綺麗になったところには花を植えた。店の案内表示も開店当時のままで変えていなかったもの、改装するごとに店内で印刷して変えました。ポスターなども何年前のだという古いものがあった、これを撤去し、通路を塞いでいた特売のワゴンや突き出しを取り除き、通路を確保したのです。

そうすることでお客さんが増えていきました。

空いているスペースは無料で地元の方に開放し、定期的にバンドやコーラスなどのこサートを開催しました。

地元のキャラクターは無料で使用できることになったので、活用させていただいた。キャラを取り入れたプリペイドカードを6000枚作って完売しました。これはその後も3種類ほど作りましたが、いずれも完売しました。

キャラを使った地元の食材の丼もの、これは目標を上回る売上を達成しました。

地元のつながりを大事にしていたら、コンサートでいつも来てくれてる学校のバンドに豆大福の有名店の職人の娘さんがいて、その関係で○○ふたばの豆大福をお店で扱えるようになったんですよ!京都の店で京都フェア!これがいつも大人気でした。

最後の日には閉店後プロジェクションマッピングをしましたが、これも予算がないところを地元の会社が格安で引き受けていただき、多くの方に見ていただきました。

 

意識改革で売上はV字回復していたのですが、何しろ時間がなかった。あと一年、二年あったら・・・。

 

最後までみんなに愛された店とした終わることができましたが、心のこりなのは、ほとんどのパートさんが仕事を辞めてしまったことです、次の仕事がありません。近隣の店舗に移ることができませんでした、一番近くに店でも2時間かかる、移ることができたのは3人だけでした。200人近い方が仕事をなくしたわけです。

ここに居るみなさんは店がある、この職場を大事にしてください。」

 

 

長い長いお話のあとはO店の閉店のニュース映像でした。

「1年半前に京都から来たO店の店長は・・・・」

するってえと、京都の店をボロボロにして出て行ったのはこの店長ですか?

なんだか世知辛い話をさんざん聞かされて、疲れましたなあ。店の為に尽力するのもよろしいが、パートさんの再就職先も探してあげなさいよ。

朝からヘドバン

三連休して出勤したら、

「今週から開店挨拶変わったからね。店長が『おはようございます』って言ったら、続けて『いらっしゃいませ』って、言ってくださいね」

「へええ・・・」

 

「おはようございます!!!」とマイクを通した声が聞こえるので、慌ててお辞儀をしながら

「いらっしゃいませ」と言う。

三回ほど繰り返してから

「これ、何回やるのん?」と聞くと、

「10回よ!」

内心うへえ、とんでもねーや!と思いつつ、ぺこぺこお辞儀を繰り返したが、10回も連続でやったら頭がフラフラして、キモチワルクなってきた。私は三半規管が弱いんである。

 

matome.naver.jp

寿司応援

寿司応援って言ったって、ガンバレーって叫ぶわけじゃありません。年末年始に店で製造して販売する寿司のため、惣菜部へ派遣されるのを応援というのです。

 

まずは何をするのか聞いてみる。

「この容器に2貫ずつ、中トロ、タイ、めばち鮪、はまちの順に並べて1列作って、右へ流して」

右の人は中段の8貫を詰め、さらに右に流す。そこで3列目が詰められ、特上握り寿司2人前パックができるという段取りであるらしい。

 

さて、言われたとおり、10回くらい同じ動作をこなしていると、関東弁のオジさまがやってきて、

(惣菜担当のマネージャーがこの年末にダウンして2ヶ月休職のため、エリアマネージャーかなんかの偉いさんが「応援」に来てるらしかった)

「あ、それもうやめて。次一人前の作って」

「一人前?」(この時点で自分がなにを作っているのかまだ分かっていなかった)

「そう一人前の。できる?」

「わかりません」

「え~?」

「一個ずつにしたらいいだけだよ」

「いや、できません」

私に出来るわけないだろう、さっき「応援」に来たばっかだぜ。

「じゃあ、僕が見本作るから、この通りに作ってね、20個」

完成品の見本を作って見せてくれたのであった。

ホホー、と見本を見ながらなんとか詰める。思えば数年前に「応援」に来た時は、寿司の盛り込みはプロ(惣菜のベテランパートさん)がやっていた。この仕事する人もおらんようになったのか。人手不足は深刻であるようだ。

 

オジ様が帰ってしまったので、特に指示・命令する人もいないまま、20パックが完成し、近くのバイト君に「次はなにしたらいいでしょう?」というと、

「一人前の寿司、20個じゃなくて100個でした」

「ハァァ?」

ほな100個つくらんとな!

 

まず容器をさがす、容器もなければ蓋も見つからない。なんとか見つかったら、今度はネタがない。

穴子とイカゲソがないんで、それ抜きで作っておいてください」というバイトリーダーくん。

言われたとおり、とりあえず10貫パックのところ8~9貫という未完成品が40個できたが、いっかなネタが来ないので、

「蓋しておいてください」

乾いちゃうもんね。

仮に蓋をして置いてあったのに、それに気がつかないで台車に乗せて売り場に持っていこうというバイトちゃんがいたので、慌てて取り戻す。あぶないあぶない。

イカのないのは「イカなし」、穴子とイカのないのは「穴子イカなし」と紙に大きく書いてパックに貼っておく。

しばらく待機している3人。

ようやくネタが来たので、パックの蓋を開けてイカゲソを詰めてみる。しかし穴子はまだである。

また蓋を占めて待機である。穴子はまだか!

 

いい加減あほらしくなったので、何か作るの手伝いますよ、といって時間になるまで数の子のネタを作ったのだった。数の子のパックを開けて水分を拭き取り、シャリにのせて海苔を巻いて接着する。こういう細々した作業は結構好きである。一心不乱にやってるうちに交代が来たので、今日はここまで。

 

「応援」が必要なのは作業する人員ではなく、材料を配分する係、今何をいくつ作るかを把握して指示する係であろう。

 

売り場に戻ったら、ネットで予約注文した寿司が時間になっても届かないというクレームがいくつも来たそうで、副店長やマネージャーがそれぞれ寿司を配達に出向いたそうである。作業場ではそんなこたぁ聞いてないのであるが・・・。

 

時間がないというのは言い訳

うちの売り場の話じゃないんですが、となりのドラッグストアの店長がコミュ障ぎみで、打ち解けたパートさんとは話をするものの、それ以外のおばちゃんパートにはけんもほろろの塩対応。

 

なんでそんなことするのか理解に苦しむのですが、給与明細を振り込み当日に渡す人と、そうでない人に分けていて、6枚手に持っているのに、仲の良い3人だけに渡してあとは渡さない。なんやそれ!

 

にこやかに若いおねえちゃんパートを話ししているのに、それ以外には笑顔も見せないので、皆さん口も聞かないのが日常です。

 

そして、この男、万引き防止のためいつも売り場の端にパソコン台を置いてたたずんでおり、同時にパートさんの動向も監視している。パート同士のおしゃべり、常連客との長めの会話などは即注意される。これを監視タワーと呼んでおります。

 

となりの売り場だから関係ないっちゃないんですが、来年2月から売り場が統合されるので、危機といえば危機です。はよ転勤にならんかな。

 

で、先日荷受け場所がいつも片付かないでごちゃごちゃしているので、Aさんが店長に

「ここ片付けておいて」

と言われて、まあそのごちゃごちゃしてる荷物はAさんの担当商品ではなく、店長のお気に入りのおねえちゃんのものだったりするわけだが、休日も私服で出勤して見張りをしている店長と違って、シニアのパートであるAさんは週3休みで5時間しか勤務してないし、

「時間がなくてできません」

と言ったら、

「俺は時間がないっていう言い訳が死ぬほど嫌いなんだよ!」

と切れられました。

おまえはなにを言ってるんかな?監視してる暇があったら、お前が片付けや!

時間がないと言われるのが嫌いだというが、それを聞くほうがよっぽど嫌やわ。

 

「時間ないというの言い訳だ」は上司の言うことじゃないですぜ。

 

 

そして誰もいなくなった

介護売り場に引き継ぎをして、家庭用品売り場に移ったのが去年の11月でした。

後任の方もよくやってくれていると思っておりましたが、先日転職を考えて面接を受けて来たという。

 

「ここの給料ではやっていけないと思って」

「う~ん、サブで働くならいいとこだと思うけどね、時給が安いのはいかんともしがたい」

「そうなんですよ。先月ボーナスが出て、一年で一ヶ月分って聞いてたから、夏のボーナス、半月分くらいは出るのかなー、と思ったら、1万円。私シングルなんで、こんなんじゃ老後が不安で不安で」

「最初の半年じゃそんなもんよ」

「でね、正社員になれるって聞いてたんですけど、Aさんに聞いたら『若い人でも早くて5年』、ってね、私の年じゃいつになるかわからないですよ。」

「ほんとほんと」

加古川に新しい介護施設ができて、デイサービスと有料老人ホームの求人があるんで、そこに行ってみたんです。やっぱりこういう仕事がしたいんですよ。正社員で採用してくれるっていうし、給料が全然違うんですよ。でもね、デイはもういっぱいで、入浴介助もある有料老人ホームの方はどうかって。いま入居者は三割程度なんですって」

「仕事きつくない?夜勤もあるんでしょ?」

「もう、ここはすごく楽なんですけどね、私病気もしたので、健康面についてはもう報告してるんですが、慣れるまでは夜勤のない準社員ということで始めてみて、半年くらいして正社員になるかどうか決めたらいいって言ってくれて」

「それはいい話じゃないの!法律では二週間前に通告したら辞められるのよ、あとは心配しないで、転職するのがいいわ、おめでとう」

「介護売り場に残ったSさんがなんて言うかです」

「そりゃ知ったこっちゃないから~。自分のことが一番大事よ」

「スズキさんがまた呼ばれたりして」

「いや、それはないわ。あ、ABさん(私の前に介護売り場に所属していた人。私同様に追い出されて別の売り場にいる)もないわね」

ABさんもKさんもかつて介護売り場だったが、今は別の売り場である。わたしも追い出されたので、引継ぎしたKさんもやめることになるしで、そして誰もいなくなった・・・・。

 

あとは野となれ山となれ。

Sさんの一人天下で好きなようにやったらよろしいがな。

ガスかIHか

買ったフライパンが使えないと言って、お店に商品を持ってきたお客さん。

「レシートもないけど、調べるのでフライパン持ってきて欲しいって言われたから」

誰かが電話で話を聞いてるはずだけれど、引き継ぎもメモもないので、

「すみません、最初からお話お伺いしていいですか?」

 

「ガス火用のフライパンをセンサーコンロにかけると三分くらい加熱すると火が弱くなる、火も消えてしまう、もう一回火をつけ直さないといけない。使えないので返品したい。それと、もうひとつ小さいサイズのフライパンを買ったがそちらも同じなので、使えないと思って、こちらは粗大ゴミに出して捨ててしまった」

 

「レシートはお持ちでないんですね」

「はい、ないです」

「ガスコンロのメーカー、機種はわかりますか?」

大阪ガスです」

「ははぁ、大阪ガスですね」

 

どうやら大阪ガスのSiセンサーコンロであるらしい。このセンサーコンロは鍋の底面の温度が250度を超えると弱火になり、それが続くと火が消える。もちろん安全のためである。中華料理をする際には強火で加熱したいから、センサーを解除するボタンもあるが、これも基本加熱しすぎると火が消える。限界が290度になるだけであるからだ。

 

既にひとつフライパンを捨ててしまったというお客さんに対し、センサーコンロの説明をするのはためらわれたので、

 

「それではこのフライパンはお預かりして、原因をメーカーにといあわせまして、理由がわかりましたらご連絡致します、今回はご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした」

と言って、帰っていただいた。

 

そのあと、鍋担当者に引き継いで、あとはよろしく頼んだぜ。

 

担当「え?だって、電話ではIH使ってるって言ったよ!ガス用のフライパンでIHじゃ、それは使えないって、そう説明したのに」

私「コンロのメーカー聞かなかったでしょ?大阪ガスがIH作ってるわけないでしょ?」

担当「ほんとに大阪ガスって言った?」

私「大阪ガス。ちゃんと聞いた」

担当「IHですかっていったら、『はい』って」

私「それはSiのことじゃない?Siセンサー」

 

担当がメーカーに電話して説明を聞くと、どうもやはりセンサーコンロではそうなるらしい。

担当は「お客さんに、フライパンは正常で、ガスコンロのせいです、って言ったら怒らないかなあ?」と悩んでる。

 

私もそう思ったんで、その場でお客さんに言うのはやめたよ。ごめんね。

志村けんのコント

飲み屋で知り合った水商売の社長に、「パートをやめて、スナックの雇われマダムにならないか」と請われて、その気になったお方がいたんですよ。

水商売とはよく言ったもんで、儲かるかどうかなんてほんとに水物。

 

昔宇都宮の営業所に勤務していたとき、よく行っていた居酒屋の若旦那は、はたちの頃東京でホストクラブで働いていたんだそうです。

「ナンバー2だったのよ」

ナンバーワンと言わないところがよくある話でそれっぽい。そこそこ稼いでいたそうです。しかしホストなんていつまでも続くもんじゃないしね、その後家業を継いで真面目に働く道を選んだそうです。

その彼は26歳の夏、くも膜下出血で亡くなりました。

 

さて、雇われマダムとやらになるべく、パートをやめると言い出した彼女、当面は給料なしだそうです。

「軌道に乗ったら、歩合制でバンバン入ってくるから」

軌道に乗る乗るって、いったいいつのことよ?と周りでは危ぶむ声多数。

案の定数ヶ月無給料で

「お客さんがいないときはしたの店の手伝いをしている」

「賄いのご飯は食べさせて貰ってる」

「お客さんの予約があるときだけ行くことになってる」

「しばらくお店の仕事がない」

とあっという間にランクダウンして、歩合制でガッポガポどころではなくなってきてます。

パートをしていたら少ないながらも給料が入るし、社会保険だってあるのに、なんでそんなもんに賭けることができるのか。人間地道が一番ですよ。

 

だいたいスナックのドアを開けたら、若くて美人のママがいるって言うんならともかく、×××がいたんじゃ、お客もびっくりですゼ。

f:id:oomesikurai:20160114210342p:plain

志村けんのコントじゃないんだから・・・・。

f:id:oomesikurai:20160114210434j:plain