読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしなしごとダイアリー

日常のあれこれをああでもないこうでもないと考える

人間としてなってないのはお前のほうだ、と

マネージャーからはよく思われていないもの同士、Mさんが
「きのうマネージャーからお説教されたのよ、聞いて!」
というので、


「なになに」


「きのうね、レジに入ってたところをネ、バイトのF君が呼びに来て
『マネージャーバックルームに来てくださいっですって』っていうんで
なんだろうと思って行ったのよ」


「レジ抜けてまで?」


「そおなの。そしたら、さっきあたしがスイングドア開けて店内に出て行ったときのドアの開け方がなってないって」


「ハァァ?」


「きっと急いでいたからバタンッって音がしたんだと思うわ。でね、またコンコンとお説教よ」


「そんなことでわざわざ呼び出すわけ?」


「きっと他の人だったらこんなに怒らないと思うんだわ、私だったからよね・・・」


私なら怒りでコノクソハゲとアドレナリンみなぎらせるところでありますが、Mさんはしょんぼりしてるので、励ましたのでございます。


『だいたい、ドアの開け方がなってねえんだよ』などというのは20も年上の人間に言うことでしょうかねえ。
怒りに任せて怒鳴り散らすなどと言うのは論外、叱るにも言い方ってモノがあるんでございます。こんな言い方されて黙ってると思うのが間違いだと近々思い知らせてやりましょう。