読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしなしごとダイアリー

日常のあれこれをああでもないこうでもないと考える

お客様には最大の満足を

先週本部の人が来て、パートが「システム統合」を利用して売り上げ計画を立てている店で、売り上げが上がったところがないとおっしゃっていたそうな。だからそんな計画立てて書類を書いてる時間があったら、売り場に出てたほうがええんちゃうと最初から言ってたじゃないですか。

この計画を立てて粗利益の多い商品を売り込んでいくという方針には、「お客さん」の視点が決定的に欠けています。お客さんが求めている商品を売るのではなく、儲けの多い商品を売りたいと言う会社の方針でしかないですね。


本部の投入する商品というのが、なんでこんなもんがというような商品だったりすることしばしばです。問屋に言いくるめられているのか、メーカーの袖の下でもあるのか、はたまた何も考えていないのか。商品の価格を決定する原価プラス値入額については本社が決定するので、店で左右できるものでなし、せめても売れる商品を仕入れてくれやと願わずにいられません。


正直売れようが売れまいが時給に全く変わりないし、それが何だというのだと開き直っちゃうんでございます。